スタイルに合ったヨガウェア
2018年5月21日

機能性も考えてヨガウェアを選ぼう

ヨガはボールなどの道具を使用することがないので、始めるにあたって特別に購入するものものもなく、気軽に始めることができるスポーツでもあります。

ヨガを行うためには下にマットを敷くことになりますが、これはレンタルでも利用ができます。着るものは、運動しやすいようなものであればとくに購入する必要はありません。自宅でも着ているような伸縮性の高い洋服が向いていますが、選ぶときにはちょっとした注意が必要になってきます。ヨガでは、前かがみになったり床に寝るという動きもあるので、襟ぐりが大きく開いた洋服となると胸元が見えてしまうことにもなります。

ボートネックの襟ぐりでは、横に開いているので前後は詰まっているものの、動くことによって肩から落ちてしまったりと着崩れて動きに集中できないことにもなるので、ヨガウェアとしては向いていません。また、トップスではドルマンスリーブになると腕を上げると裾が持ち上がりすぎてしまうので、脇の下が浅いデザインの服も避けた方がいいでしょう。

ボトムスでは、足を大きく開くことにもなるので、デニムになると窮屈で動きにくくなってしまうため、伸縮性のあるパンツが向いています。前かがみになった時には、股上が浅いとお尻の谷間が見えてしまうことにもなるので、ある程度の股上の深さがあるものをヨガウェアとして選ぶといいでしょう。

新たに購入するのであれば、ヨガウェア用として販売されているものであればこれらの心配もなく動きやすさや着衣の乱れがないような形になっているので安心です。今日では魅力的なデザインも多く販売されているので、おしゃれを諦めることなくむしろ楽しみながらヨガを続けることができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *