スタイルに合ったヨガウェア
2018年7月15日

動きにくいと感じたらヨガウェアの見直しがおすすめ

ヨガウェアがきついと感じたことはないでしょうか。ヨガは深い呼吸をくり返しながら体を動かして、ポーズを取ります。

心と体のバランスが重要なので、着心地が良くないヨガウェアではヨガに集中できないのです。動きやすい恰好のはずなのに、ポーズが取りにくく、正しい呼吸ができないなら、ヨガウェアの見直しはいかがでしょう。ヨガの動きはかなりダイナミック、前屈みのポーズで胸元が見えてしまったり、おなかがガバッとめくれては、それこそヨガに集中できません。おすすめがカップ付きのTシャツやタンクトップ、胸元が開くこともないのでヨガに集中できます。裾にゴムや絞りがあるトップスは、めくれ上がるのを防ぐことができます。汗の量が多いヨガは、吸汗・速乾素材がおすすめ、汗がすぐに乾くので快適な着用感です。

ヨガは足を前後や左右に大きく開くポーズが多く、足を高く上げるポーズもあるので、ボトムスは足が開きやすいものを。伸縮性が高い柔らかい素材が良いでしょう。下半身にフィットするレギンスは足さばきも良好、自分の足の動きも確認できます。レギンスにショートパンツの重ねばきすれば、かわいく着こなすこともできます。

サムエルパンツも締め付けがゆるく、下半身を強調するのが少し恥ずかしいという方におすすめ。ヨガウェアは着用感も大切、肌触りの良さや伸縮性は試着して確認してみましょう。フリルやリボン、ジッパーが目立つものは体勢によっては顔にあたったり邪魔になり集中できないこともあるので、できるだけシンプルなデザインが良いでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *