スタイルに合ったヨガウェア
2018年12月9日

ヨガに適さないヨガウェアとウェアを楽しむのも大切

ヨガはリラックスして行う運動です。

それだけに動きやすさだけでなく、集中力を妨げないヨガウェアを選ぶことが大切です。そういう意味で、快適でも避けた方が良いデザインのウェアもあります。ヨガウェア全体はゆったりしていても、腕や足元の袖口が絞られていないものが該当します。動くたびに裾が上がってしまって違和感を感じるし、女性なら足の素肌を露出する場合もあります。逆に裾が絞られ過ぎるタイプのヨガウェアも窮屈で、締めつけ感が気になりリラックスができません。

次にトップスでフードがついたタイプのものがあります。ヨガを特集した雑誌の記事などを見ると、フードを被ったモデルさんがヨガのポーズを取っていたりします。とてもカッコ良く見えますが、フードは動くたびに顔の所に被さって邪魔になる場合があります。屋外でヨガを行う際に、風が強い日などはメリットがありそうですが、普段行うヨガスタジオでは必要ありません。フードがついていないトップスをお薦めします。

ヨガを行う際には、ストレッチ性のあるものやリラックスできるヨガウェアを基本に選びます。その上で身体の熱や湿気を適度に外に逃がし、保温性と通気性を兼ね備えたウェアを選択するのが良いです。そしてヨガを楽しむこともリラックスにつながるので、ヨガウェアのデザインにも少しずつで良いので、自分なりのこだわりを加えて行くと良いです。お金をかけずにウェアは選びたいですが、こだわるところには思い切ってお金をかけても良いと思います。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *