京都でしたら、トイレの修理専門会社も沢山ありますし、京都の街中には自分で修理する為の雑貨店も多いです。

ただ専門家も自分修理の方法も京都には多いですが、どっちの方向性で行くにしても、予防法を確認しておき、出来るだけトラブルが無い様にする事が大前提となります。トイレの故障がつまりだとして、つまりの原因の筆頭に上がるのはトイレットペーパーです。本来水に溶けるのですが、お腹を壊して長く座ったままになってしまったり節水を思う余り1度に流そうと思って即流さなかったりすると、そのまま、つまってしまう事があります。ダブルタイプで半ロール、シングルで1ロールでアウトになりますので心当たりがある場合は要注意です。次にトイレットペーパーが無い場合に、ポケットティッシュ等で代用した場合になります。基本的に、ポケットティッシュは解れ難い構造をしています。既に配管内に大便の残骸や異物の類が引っかかっていた場合は、そのままポケットティッシュを受け止めて壁を作ってしまうケースも少なくありません。

基本的に水溶性以外の物は流さない事を心掛けて下さい。この次に来るのが、便座掃除用等に使われるクリーナーの類です。「流せます」と銘打ってあったとしても、やはりトイレットペーパーと同じく1度に大量に流してしまえば許容限界を超えてしまいます。基本的には、ペーパーの時と同様で50℃前後のお湯を流しつつ溶解を促進させる方法で対策可能な事も多いですが、まず大前提で量を最初から注意する事が何よりも重要です。後は、生理用のナプキンやオムツ、ペットの使用済みの砂やシートの類があがります。吸水ポリマーの類が入った物は必ず回収しないと、大規模工事の必要が出て来たりもしますので特に警戒しないといけません。携帯等の無機物や、おしりふき以上に警戒が要ります。最低でも、つまり予防にはこの辺りの事は把握しておく様にして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *