京都程の大都市でしたら、トイレ修理を専門とする会社も沢山ありますので探す事自体に苦労はありません。

勿論、トイレ修理も内容によっては自分で修理出来る可能性があるパターンも少なく無いですし、京都でしたら京都の街中の雑貨店で道具も直揃えられます。ただ、どっちでやるにしてもまずは症状毎に様子を見る事が第一歩です。例えば、トイレのつまりトラブルですが「タンクから水は出て来るのに、流れが何処か悪い」という様な時には、何らかの異物が引っかかっている可能性があります。放置しておけばそのまま流れて外れる事も多いですが、本格的なつまりに発展するリスクもある程度見ないといけません。次に「水が1度に流れず、時間差で流れていく」という様な症状の時には、本格的に何かがつまっている目算が高いです。この時には、決してレバーを闇雲に押し続けたり、スッポンを使い過ぎる様な真似はしない事が最重要になります。

浅い場所なら良いですが、深い場所だった場合はトイレを傷つけてしまったり、障害物が流れない場合は水が溢れます。他にも「水が少ししか出ない」とか最も注意を要する「流すと不自然にボコボコ音がする」というパターン等もありますが、何れも対処法が異なります。共通点として「ハンガーを針金に直して、浅い部分で引っかかっていないかを確認する」という方法だったり、本来溶けるはずのトイレットペーパーが溶けなかった場合の対策法で「50℃程度のお湯や洗剤を何度か流してみる」という手も無いではありません。ただ、相応の準備が必要な場面が多いのも間違いないので、対処を試みる場合は必ずそれぞれのポイントでネット等で検索し詳細を確認してから行う様にする事です。仮に専門会社にお願いする場合でも、この辺の違いを知っておくと依頼の説明がとても簡単になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *