本格的に水漏れやつまりが発生しており、動揺していたり緊急で修理しないとマズイ事情がある場合は、京都でしたら専門のトイレ修理会社を呼ぶ選択肢があります。

ただ、ある程度の余力があり京都内の雑貨店へ行く位なら問題ないというのでしたら、自分でトイレ修理をするのも1つです。京都内でしたら、間違いなく必要な道具は全て揃います。まず感染症対策の為にゴム手袋と、感電防止の為にウォッシュレット系のスイッチは切って下さい。その上で、トイレットペーパー等の本来溶けるはずの物が量が集まって塞いでしまっているつまりでしたら、バケツやペットボトル等にぬるま湯を入れて溶解を促進する方法があります。ちなみに、この時のコツは排水溝に水が直接命中する様にする事です。つまり、水が溜まってると上手く行きませんので水がある場合は出来るだけ汲み出して下さい。特に便器内の水位が高い場合は、この作業をしないと水が溢れて別口のトラブルになってしまいます。

この時、使うお湯の温度は必ず50℃以下にする事が重要で、それ以上にするとトイレの陶器が割れかねません。連続で入れないで、30分毎で様子を見る位が妥当です。これ以外には、スッポンとも呼ばれるラバーカップで吸引を試みる方法もあります。汚水が飛び散らない様に、排水溝部分だけに穴を開けて、その上にスッポンをくっ付けて吸引を繰り返すと上手く行けば綺麗に抜けます。

ちなみに、つまりの原因は決して押し流そうとせず、必ず便器内に引き戻して回収する様に考えて下さい。後は水面がかなり上の方になっている時に、ラバーカップを押し込んで強引に進めようとすると水が溢れますので、この場合も基本は水を汲み出した後に作業に入る事が基本となります。もしも、この方法でアウトだった場合は、本格的な専門会社案件となります。京都の水道局指定をしっかり持った会社を探して、依頼する様にして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *