トイレは日常生活で繰り返し使用する設備なので、その分だけ劣化や故障などのトラブルも発生しやすいと言えます。

京都の家庭からも、トイレに関する様々なトラブルが報告されています。例えばウォシュレットの水漏れもその1つです。ノズルの先からいつまでも水が滴り落ちる、ウォシュレットのボックス横からポタポタと水が漏れる、ノズルを使用していないのに便座の裏から水が漏れ続けるなど、京都の家庭でも様々な症状が聞かれます。もちろん原因も様々です。ノズルから水漏れする場合には、バルブユニットの故障が推定できます。ここには水の流れや水量あるいは水圧を調整する機能があるため、何らかの異常が生じると、ノズルから水が漏れ続けることになります。

またウォシュレットのボックス横から水漏れするなら、ホースとの結合部分にゆるみがあったり、パッキンが経年劣化で摩耗しているといったことが考えられます。この他にも、ウォシュレット本体に内蔵されている給水フィルターが目詰まりして、フィルター部分から水漏れすることもあります。さらに凍結を防ぐための水抜き栓を備えたウォシュレットの場合には、水抜き栓の経年劣化によって、便座の裏や脇から水が漏れ出るケースも見られます。

このようなウォシュレットの修理には、専門的な知識や技術そして工具や部品が必要になるため、素人の方では難しいの現実です。地元の京都で実績のある水道修理店へ、速やかに依頼することが大切です。トイレとはいえ電気を扱う部分なので、素人の方が修理をするのはやめましょう。漏電や接触不良による火災の危険性さえあるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *