まず自分の手に余ると思った場合には、トイレ専門の修理会社を探す事が大前提となります。

京都程の規模がある町でしたら、京都の水道局から指定を受けた会社である所に依頼する事のみ厳守事項となりますが、状況に該当する会社は大体見つけられます。ちなみに自分でやる場合に必要になる道具はペットボトルとバケツ、ラバーカップと大きいビニール、殺菌剤とマスクとゴム手袋、ボルトを締めるスパナ範囲でOKですので、やはり京都の街中で安価で入手可能となります。

自分でやる場合の基本事項は、「感染症防止の為のゴム手袋を必ず嵌める」と「水位が高い場合は無理をしない」、そして「お湯を使って溶解を試みる場合は、50℃以下を厳守する」と「異物は押し込まず、必ず便器内に回収する」の4点と考えて下さい。ただ基本的にラバーカップまで行ってトイレ修理が上手く行かなかった場合は、専門家案件になりますが、ある程度工夫をするのに自信がある場合は1m以上はあるワイヤーの先端にブラシが付いているワイヤーブラシを、使ってみるという方法も無いではありません。

ワイヤーを折り曲げてつまり部分に辿り着かせて障害物を撤去する道具ですが、ワイヤーの強度や扱いやすさの点から考えるなら、2mから3m部分程度の清掃が限界です。トイレ修理でしたら、基本的にその範囲で十分事足りますが、もしも辿り着かなかった場合はそれより深い排水管の方のトラブルの可能性がありますので、やはり専門家案件と考える事になります。他にも内部でワイヤーが絡まらない様に注意もしないといけません。終わった後にはしっかり、ワイヤーの隙間まで清掃して片づけます。

この方法以外では、高圧洗浄機の先端を中に入れてスイッチを入れる方法もありますが、どの方法を選ぶにしても、ある程度つまっている対象が水等で溶解するかどうかの見当をつける事が必須条件です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *