自分で修理できる水漏れトラブルの種類はいくつかあり、排水管が詰まっている場合には比較的簡単に解消できます。

配管に破損が見られない時には、パイプを取り外して掃除をすることが可能です。ブラシ付きの長いワイヤーがあればパイプを取り外さなくても掃除できますが、古くなっているとワイヤーで傷つけたり穴を開けてしまうことがありますので、誰でも失敗無くできるのは取り外して作業をする法です。詰まりを取り除いた後はお湯を勢い良く流して完了であり、適温は60度くらいとされています。知識がない人でも、すぐにマスターできる修理はパッキンの交換です。

水漏れトラブルの中でも頻繁に起こるものですので、覚えておいて損はありません。使っている水道管によってパッキンのサイズは異なり、気を付けて購入しないと合わない可能性があります。手順は大体同じですが、非常に簡単だとされているのは古いタイプのハンドル混合水栓です。造りがシンプルなものは、パッキンを替えるために取り外す部品が少なくなります。レバー式ハンドルやサーモスタット式混合水栓で水漏れトラブルが起きたら、中のカートリッジが故障している可能性大です。カートリッジを交換することが主な修理方法であり、部品はホームセンターでも売られています。多少の知識があれば直すことは可能ですが、少々造りが複雑ですので難しいと感じる人もいるかもしれません。無理に直そうとすると悪化する可能性もあるため、修理可能かを冷静に判断しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *