様々な業界では、同業他社に負けないようにサービスの充実化を行っていることが目立ちます。

次から次へと新サービスを打ち出す会社があれば、それを真似て追随する会社も多数あります。賃貸住宅でも同様で、管理会社は以前は営業時間が終わると仕事をすることがありませんでしたが、現在では24時間365日にわたって対応する会社が増加しており、入居者にとっては心強い存在になります。賃貸でこのようなサービスの恩恵を受けるシーンでは、仕事が終わって帰宅をすると、水漏れのトラブルが急に起きてしまい、水回りの設備が使えない状態になることも少なくはありません。通常は管理会社に電話をすることが急務になり、早急に修理を行ってもらうことで翌日以降は快適生活に戻ることができます。

賃貸での水漏れのトラブルは、自社に専任の社員を雇い、自社完結で修理を行っている会社も実在していますが、多くの管理会社では委託をしていることが目立ちます。入居者からの通報は管理会社が受けて、その後は管理会社が水漏れトラブルを修理する会社に連絡をした上で、夜間でも直ぐに駆け付けてもらう手配をすることが一般的です。料金の負担は管理会社側になるので、入居されている方にとっては、非常に役立つ便利なサービスとして活用してもらえます。その結果として管理会社との関係も良好になり、長く住んでもらえる可能性や、引っ越しをする方でも同じ管理会社が入っている物件を選んでもらえる可能性もあります。修理会社とは事前に提携を行うことが必要な仕事範囲なので、水漏れトラブルを含む水回りの修理全般に対応する優れた会社と提携しておくと安定した経営を行えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *