トイレの後に水が流れないと絶望感を感じますよね。

慌ててレバーを連打したり、逆にあふれてきたりするとさらなる絶望感に襲われてしまいます。そんなトイレつまりトラブルの原因が、身近なところにあるのをご存知でしょうか。用を足すのに欠かせないトイレットペーパーを1度に大量に流してしまうとつまりトラブルの原因になります。水に溶けるようにできていますが、あくまで一度に流す量によっては詰まってしまいます。便利な流せるシートもつまりトラブルの原因になりがちです。流せるシートは水に溶けるようにできていません。特に赤ちゃんのおしりふきに利用する場合は量も増えるため注意してください。生理用品やおむつも流してはいけません。

その性質上、吸水性の高い素材を用いているため、やはりトイレのつまりの原因になります。この他にもペット用の砂を流すのもトラブルの原因になりやすく、油分の多い残飯を流す行為も原因になりがちです。さらにタンクにペットボトルを入れて節水していたり、常に「小」にして流している場合もつまりトラブルを起こしやすくなります。また汚物を流すには一定の水量が必要であるため、何度もレバーを操作することになってしまいます。節水意識を持つのは良いことですが、1度にすべて流しきってしまうのが最も効率的な節水になります。トイレは大切なインフラであり、つまってしまうと生活に支障をきたします。これらのことを注意しておけば、問題を避けられますよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *