トイレのつまりの主な原因としては、トイレットペーパー以外の固形物を流してしまうということが挙げられます。

具体的にはティッシュペーパーやウェットティッシュ、生理用品、吐瀉物、ペットの排泄物などがあります。トイレットペーパーは水に溶けやすく作られていますが、基本的に紙製品は水に溶けにくくなっています。そのためつまりの原因になってしまうということです。また、ペット専用トイレを流してしまい、トラブルが発生してしまうというケースもあります。長年トイレを使っている場合、汚れが排水管にこびりついて蓄積してしまうこともあります。

そうすることで流れが悪くなり、つまりなどのトラブルに繋がるということです。また、家の外で木の根に排水管が圧迫されたことにより、水が流れなくなってしまうというケースもあります。トイレのトラブルは自力で解消できることもあるため、業者に頼む前に簡単な作業をしてみると良いでしょう。専用の洗剤を使う方法やラバーカップを使う方法などが効果的です。自力で対処したいという場合、まずは電源プラグを抜くことがポイントです。そのまま作業をすると感電のリスクがあるので注意が必要です。また、作業中に水が溢れてしまうことがあるため、止水栓を閉めることも大切です。便器の中の水かさが高い場合、まずはバケツなどで水を減らしてから作業を行うこともポイントです。トイレの中に手を入れる時は手袋が欠かせません。雑菌による感染症を防ぐためにも使い捨てのものを用意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *