京都でもお風呂場は日常生活に欠かせない重要な設備であり、日頃から利用頻度が高くなるのが一般的です。このため設備の劣化や故障も起こりやすく、これまでも数多くのトラブルが報告されています。その中でも特に目立つのが、水栓やシャワーに関するトラブルです。ハンドルレバーを閉めても蛇口や台座あるいはシャワーから水が漏れ出す、シャワーの水圧が弱い、蛇口の水が赤く濁る、あるいは異音が聞こえる等、トラブルの内容も多岐にわたります。

まず蛇口やシャワーの水漏れ原因には、部品の劣化が考えられます。例えばシングルレバー混合水栓の吐水口やレバー付近から水漏れするならば、水栓コマやパッキンの変形や摩耗といった、劣化が推測できます。またシャワーの水圧が弱いなら、ホースの亀裂や接続部リングの腐食などで、その部位から水漏れしているケースもあります。いずれも修理では部品の交換が基本であり、素人の方でも可能なケースもあります。

しかし構造の複雑な水栓であったり、取り寄せの難しい交換部品、あるいは大がかりな工事が必要なほど劣化が進行しているならば、京都で実績のある水道修理会社へ相談してください。お風呂場の蛇口では水漏れ以外でも様々なトラブルが起こります。例えば蛇口の水が赤く濁るケースでは、蛇口の部品や給水管の内部で、赤サビが発生していることが推測できます。水を出しっ放しにしても治らないようであれば、部品や給水管ごと交換する必要があります。

これも大がかりな工事になるため、京都で信頼できる水道修理会社へ依頼すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *