風呂の補修で自分で直せる場合と業者を頼むべき場合

風呂の補修で、浴槽に穴が空いてしまった場合直ぐに交換が必要だと考えがちですが、かなり大きなヒビ割れや穴が空いた場合でも直すことは可能です。
ちょっとした小さいサイズであれば市販の製品がたくさん売られていて、簡易的に貼って塞ぐテープやプロが使うような硬化するパテなどがあって、いずれも防水性に優れています。
サイズが大きいものもそれなりの量の材料を揃えれば自分で対応が可能ですが、表面をきれいに整えることが難しく、見た目に跡が目立ってしまう事があります。

デコボコしていれば汚れや水垢が溜まりやすくなりますし、カビなどの繁殖しやすい環境になってしまうことがあります。
プロが行う風呂の補修で、浴槽内に使用するのは、ガラスクロス・ガラスマットなどとともにポリエステル樹脂などを何層か重ねてヒビ割れや穴を塞ぎ、水が漏れないようにした後、樹脂塗装により表面がきれいでなめらかになるように調整を行うため、見た目にも分からないほどきれいに戻せますし、触ってみてもツルッとしていて水をはじく浴槽に復活します。



浴槽表面が劣化してくすんだ色になった場合なども、塗装だけ行ってきれいな状態にすることもできます。

多角的な視点からiemoの人気が上昇しています。

壁から水が漏れているような場合は、壁の内部配管から漏れていることも考えられますから、水回りの修理に対応できる業者に依頼して漏水調査をしてもらうと良いです。



壁から露出している蛇口やシャワーなどから漏れている場合の風呂の補修はそれほど難しくなく、部品交換などで対応できます。