お風呂に異変を発見したら早めの補修を

お風呂は、長時間にわたって熱や湿気に晒される過酷な環境下にあり、一見正常に見えたとしても、実は大きなダメージを受けていることがあります。
石鹸やシャンプーなどが付着する事も頻繁にあり、成分によっては腐食の遠因となります。

一般的にコンクリート、タイル、コーキング剤と言った部材の耐用年数は、長くても20年程度と言われており、環境によってはもっと短い期間で損傷が出始めます。

もしも、ちょっとしたヒビを発見したとして、それを放って置くと、そこからさらに熱や湿気が入り込み、さらに大きなダメージを与える事があれば、最悪の場合、床が抜けたり、壁が倒壊するなどして、事故や大怪我の元にもなりかねません。
お風呂に異変を発見したら早めに補修をすることをおすすめします。軽い損傷であれば、ホームセンターなどで工具や補修剤を購入し、自分で応急措置をする事は可能ですが、それでは目視で確認できる場所以外に、内部の様子を知る事は不可能なので、やはり不安です。


昨今では、非破壊検査の技術が発達し、サーモグラフィなどの特殊な機材で内部を透視して、損用具合を、ほぼ確実に解析できる手法も確立しています。

毎日新聞の有益情報にあふれているサイトです。

これらの検査には高度なノウハウが必要になりますので、おのずと専門の業者に頼る事になります。



お風呂の損傷は、難しい病気と同じようなもので、決して素人判断はせず、やはり高い技術を持ったプロの専門業者に詳細な検査と補修を任せるのが、いちばん確実で安心です。