浴室のリフォーム〜自分でもできることとは

浴室のリフォームは、思わぬアクシデントを防ぐためには必要なことです。


たとえばより安心してまたぐことができるよう、浴槽ごと交換すると言った場合には、業者の力を借りることが必要です。しかし実は浴室のリフォームは、個人の力で行うことができることも多々あります。

エキサイトニュースを利用するなら此方のサイトです。

ですから自分や家族が浴室でヒヤリとするような思いをしたり、あるいは現にアクシデントなどが発生してしまった場合には、個人でリフォームを行うのも必要です。
ではどのようなことが挙げられるかと言うと、ます脱衣所と浴槽の段差を解消する方法です。これは、浴室用のすのこを設置することが効果的です。
ただしすのこそのものが濡れていると、却って滑りやすさが増してしまうこともあるので、必ず滑り止め加工されている物を使うことが求められます。
また濡れた床で足を滑らせて転倒すると言うのも起こりやすいアクシデントですが、そうかと言って全体の床を滑りにくい材質のものに交換すると言うのは、費用も時間もかかるリフォームです。

この場合、滑り止めマットを敷くだけでもかなり危険性を排除することができます。特に脱衣所との境い目、そして浴槽の手前に敷いておくと安全性が確保できます。


それから浴槽に浸かる際、あるいは上がる際の安全性を確保したいと言う場合は、手すりを付けると言うのも有効なことで、勿論、これも個人で行うことが可能です。



ただ手すりを付ける位置は、低すぎても高すぎても問題があるので、しっかりと安全性を確保するためには高さには注意することが求められます。

その他、浴室内や浴槽内で使用できる専用のチェアを設置すると言うのもひとつの方法です。